968com(中間マージンを取らないマンション管理会社のStory)

「マンション管理や修繕の業界に蔓延する中間マージンやリベート(バックマージン)の排除」「修繕積立金を日本一残す提案」「住み心地と不動産価値の最大化への貢献」をコンセプトに、2016年4月に東京でマンション管理会社「㈱クローバーコミュニティ」を設立しました。

968com(中間マージンを取らないマンション管理会社のStory) イメージ画像

更新情報

先日、マンション管理や修繕の相談にこられた、都内の小規模マンション管理組合の理事長との会話。ーーーーーーーー理事長:現在築11年目で、今お世話になっている管理会社から、築12年目に計画されている大規模修繕工事の見積もりがでてきました。ちょっと高くて、今までス
『今の管理会社から「大規模修繕工事は今でしょ!」と(1)』の画像

前回コラムで書いた、4月から管理業務スタートした都内の小規模マンション。※素人の基本は「四つん這い」だ はこちら日常清掃員が確定するまでの間、代行で清掃に入っていて、「昼間なのに、エントランスホールが暗い!」こんな暗いエントランスホールだとマンションを買い
『マンションのLED電球も日進月歩だね』の画像

この4月に大手分譲系管理会社からリプレイスで管理業務を受託させていただいた、都内のマンション管理組合。評判の良かった前の清掃員を引き止めることができず、代行の清掃員もなかなか手配もつかず、この一ヶ月は私と敏腕フロント担当者の相馬さんとで週4日の日常清掃を
『素人の基本は「四つん這い」だ』の画像

ありがたいことに、4月から都内のマンションで管理開始のマンションが1件、そして4月に都内の別のマンションで管理会社を当社へ変更していただく決議をいただき、今月(5月)も既に都内のマンションで管理会社変更の総会が予定されています。これで10件目のご契約です
『強力な仲間がやって来た!(相馬さん)』の画像

横浜市にある、昨年に当社へ管理会社変更(リプレイス)していただいたマンション管理組合で、共用部の一角に飲料の自動販売機が導入されました!やったぜ!!「なんだ、マンションに自動販売機くらい、どこでもやっているよ」そう言わないでください。ストーリーがあるんで
『小規模マンションに自動販売機がやってきた!』の画像

モノに執着は全くありませんが、1年前に家族でフラッと寄った箱根の工芸品屋さんで、思わず手に取った寄木細工が気に入っています。マグカップとコースターです。コースターをよく見ると、デザインはキレイですが寄木の色が少しずつ違うのがわかります。寄木細工は、成熟に向
『「寄木細工」とかけて「成熟したマンション管理組合」と解く』の画像

僕には、昔から営業力がありませんでした。今でもありません。お客様の心理を考えて先回りするより、自分のやりたいことを優先させる「営業マンに不向きな性格」だから。新卒で入った不動産仲介業では、初契約が同期30人の中でダントツのビリ。生意気で先輩に可愛がられず、
『ビジネスは『面白い』サービスは『営業力不要』でありたい』の画像

もうとにかく、新しいことにチャレンジしましょう。ベンチャーマンション管理会社として、常に新しいことへ挑戦。ということで、会社とマンション現場(管理員)とのやり取りにLINEを使ってみたら、大成功です。当社がリプレイス(管理会社変更)で新規受託した神奈川県横須
『親和性バツグン!管理員とフロント担当者との「LINE」』の画像

管理会社リプレイスの相談で、他の管理会社が管理業務を受託しているマンションの現場に行くと、その管理会社がどんなレベル・姿勢で仕事をしているのかが、見えてきます。「おっ、これは素敵!取り入れてみたい」とリスペクトできるものがたまにあります。一方で、「これは
『エレベーターの中に貼ってある掲示物』の画像

「当社は、管理会社経験者を採用しない!」これ、共同代表である松原の原則的な考え方です。「どんなに人が欲しくても、よほどのことがない限り、他の管理会社に在籍した者は採らない」これ、本当です。実際に、グループ会社で福岡を中心に着実に受注を伸ばしている「クロー
『フロントマンはマンション管理業界「未経験者」から』の画像

私は、管理会社の代表を務めながら、マンション管理士事務所の代表もやっています。『マンション管理士よ』って、そのマンション管理士である私自身に、そして所属するマンション管理士に、「評論家はいらない」って言っています。自戒の念です。生ゴミの仕分けをして思い出
『マンションで生ゴミの仕分けをして思い出したこと』の画像

当社代表の松原が、この度幻冬社から出版しました!! ゼロからの挑戦 知識ゼロ・業界未経験の私が奇跡の「マンション管理システム」を築いた逆転の発想
『幻冬社から本を出版しました!』の画像

↑このページのトップヘ