多くのマンション管理組合やほぼすべての管理会社にとって、区分所有者が専有部分を「民泊」とし使用することは「忌み嫌うもの」であり「タブー」であり、民泊によってくる宿泊者は「招かざる客」です。


もちろん当社でも、ファミリータイプのマンションを中心に、理事会での意見交換をふまえて専有部分の民泊使用を禁止する方向で助言し、管理規約を改定するところが多いです。

一方で、6月9日に住宅宿泊事業法(いわゆる「民泊新法」)が制定されて、民泊使用の上限が180日で決まるなど、2018年1月から施行される見込みです。

また、法律の施行以前から、国のインバウンド戦略として、外国人観光客を受け入れる体制づくりの一環として、民泊を推奨しています。

それに伴い、それまで「闇民泊を斡旋する」と批判の対象になっていたairbnbも法律に則った運用へ舵を切り始めていますし、STAYJAPANのような法令順守をきっちり履行しながら民泊を後押しする日本由来の民泊支援サイトも出てきました。
マンションと民泊

さてさて、単一民族・農耕民族・奥手な日本人ばかりの世界に、価値観や文化の異なる外国人がどっと押し寄せてきて、数日とはいえ隣合わせになるような環境が迫ってきていますが、、、

全てのマンション管理組合がこれにずっと拒絶し続けるでしょうか?
管理会社も民泊禁止を提案し続けるでしょうか?




一部のマンションですでに始まっている「民泊使用ウエルカム!」
当社では、すでに2件の管理組合で、管理組合(理事会)から「部屋を民泊で使えるようにしたい」という相談を受け、実現に向けて積極的に動いています。


両方共東京都内にあり、一つは大田区の「専有面積20㎡程度のワンルームマンション」、もう一つは荒川区の「専有面積50㎡平均の1LDK~2LDKマンション」です。


両方とも「投資マンション」と言えるでしょう。区分所有者の全員、またはほとんどがマンションに住んでおらず、専有部分の所有目的は「家賃収入」ですから、所有する部屋からより多くの収入が入る道を探るのは当然です。



大田区のワンルームマンションでは、当社へリプレイスする前の管理会社が、区分所有者の関心の低さを良いことに「民泊禁止」の管理規約改定をしていました。

それを、当社に管理会社を変更していただいた後で、「民泊解禁」の方向で管理規約を再改定することにしました。

投資マンションオーナーの本分である「賃料収入アップ」を前提とし、外国人観光客に喜ばれながらも通常の賃貸借で住み生活している賃借人の利益も守る方向で、いろいろと建設的な検討を始めています。



荒川区のマンションでは、もっと積極的です。
一件でも多くの区分所有者が民泊使用しやすくするために、管理規約を「民泊解禁」の方向で改定するだけでなく、民泊をやりたい区分所有者を募り、民泊の立ち上げ方法や民泊に必要な室内インフラ整備を支援する取り組みまでスタートしています。

これに合わせて、共用部分でも連携できることはないか、、、と、例えば管理員業務に専有部分(宿泊部屋)の清掃やリネン交換ができないか検討をはじめますし、そのために共用の洗濯機購入なども議論に上がりました。

また、前回ブログ「マンション管理員の仕事着をアロハシャツに」で書いたような、管理員のユニフォームをオシャレにすることも決議されました。外国人観光客をウエルカムする雰囲気作りに、管理員のユニフォームを変えるのは最も手っ取り早く、費用対効果が高いです。



管理組合と管理会社も「民泊」という時流に乗るべき
超高齢化、人口減、産業の国際競争力低下が確実な日本では、「観光」は国の経済を支える数少ないポジティブ要素です。国がインバウンド戦略を強力に推し進めることはあっても、これを縮小させることはありえない、というのが私の考えです。

そして、凄いことに、私を含めた多くの日本人が、少しずつ「外国人が隣りにいる社会」を受け入れ始めています。

東京にいれば、外国語が飛び交う中にいたり、外国人に道を聞かれたり、電車で隣に外国人が座ったりすることはもう当たり前になっています。

もちろんマナーや文化など、一朝一夕には受け入れ難い部分はあるかもしれませんが、少なくとも都市部では外国人が身近な存在になっていることは間違いありません。


わずか10年の間に、世の中は大きく変わったのです。



当社は、「クローバーコミュニティ企業理念」にあるように

自己の利益にとらわれない真に価値ある提案者として管理にイノベーションを起こす」
お客様の立場にたった「提案」を行う」


と宣言している位です。民泊をOKにしたい!というお客様の民意があれば、これを全力で応援するのが基本スタンスですので、全く抵抗がありません。


上述のマンションの民泊化の具体的な活動については、おいおい具体的なお話しをさせていただきますね。


深山 州(みやま しゅう)
(㈱クローバーコミュニティ:共同代表)

--------------------------------------------------------------------------

[中間マージン・バックマージン(リベート)を取らないマンション管理会社のStory]

クローバーコミュニティ 公式ページ


[マンション管理を楽しく学び合いたい]
-マンション管理組合の学校-

--------------------------------------------------------------------------