※文中の社名や数字は2017年(平成29年)8月現在のものです。

◯(おさらい)マンション火災保険[不都合な事実]

キックバックを取らないマンション管理会社

前回の記事[マンション共用部分にかける火災保険料は削減できる(1)]では、
  • 保険代理店として大手損害保険会社を勧める管理会社にとって、実は管理組合に言えない「不都合な事実」があり、この点において管理組合と利害が対立することがあること

  • それは、管理会社は、代理店になっている損害保険会社の商品しか取り扱うことができないため、管理会社が代理店契約していない損害保険会社が「より安くて条件の良いマンション保険」を発売していても、管理組合に勧めることができないこと

  • そして、実際に「安くて良い条件のマンション保険」があること

を書きました。


※前回記事:マンション共用部分にかける火災保険料は削減できる(1)はこちら




◯マンション火災保険の[黒船]だ!日新火災

決して管理会社がオススメしない、マンション管理組合向けの保険があることをご存知ですか?



それは、日新火災の「マンションドクター火災保険」です。
frfr
日新火災以外の損害保険会社は、一律に「築年数が経てば立つほど、保険料が無条件に高くなり、あるいは保険がかけれない」という考え方に基づいて、保険料を算出しています。

「古いマンション=漏水などの保険事故が多いはずだ=古いだけで保険料が高くなるのは当然だ」

というロジックです。

生命保険と同じ考え方かもしれないですね。年を取れば一律に健康を害するリスクが高くなり、その分保険適用の可能性も上がりますから。
この考え方は否定しません。



一方で、日新火災の「マンションドクター火災保険」は、

「古いマンション+適切な修繕・メンテナンスをしている=保険料を割り引く事ができる」

という発想です。



つまり、「年を取っていても健康なら、保険料が安くなります」という考え方です。




生命保険では、このような発想は難しいでしょう。
人間の身体は、見た目が健康でずっと病気にかかっていなかったとしても、年を取れば突然病気になったりするリスクが高まりますから、年齢と保険料が比例するのは合理性のある話です。


でも、マンションの建物や設備は、人間の身体とはちょっと違います。


人間の身体と異なり、建物や設備は「突然に倒れる(大事故になる)」ことは少なく、「リスクが読めやすい」ものです。

また、特に分譲マンションの場合、長期修繕計画に基づき、適正に・計画的に修繕工事を実施していることが多く、これは「病気(事故)にならないよう予防をしている」のと同じです。

さらに、「いつ(何年目に)」「どのような手当を(修繕工事を)」実施したか、の記録(修繕履歴)が残されていることが多く、自分の身体の状態の説明が容易なのです。



これらのことから、マンション管理組合が長期修繕計画を参考にして適正な時期に適切な手当(修繕工事)を行い、そのカルテ(履歴)を正確に残しておき、これらの証拠が示されれば、



「確かに築年数は経過しているけれど、事故リスク(保険金支払リスク)は少なそうだね」



となり、保険料を割り引く、ということも合理的な考え方なのです。



この考え方を保険料品として実践しているのが、日新火災の
「マンションドクター火災保険」
なのです。



マンション管理組合向けの火災保険料が年々上がっている昨今において、この日新火災の新商品を知っていると知らないとでは、管理組合が支払う保険料に大きな差が出る可能性につながります。



そこで、皆さん疑問に思いませんか?


「日新火災のマンションドクター火災保険がそんなに良い保険なら、うちの管理会社が代理店になって、私たちの管理組合へ提案してくれればよいのに。」



そう思うでしょう?


(続く)

※前回記事:マンション共用部分にかける火災保険料は削減できる(1)はこちら

※ちなみに、当社は日新火災のマンションドクター火災保険も積極的に提案しているんですよ。



深山 州(みやま しゅう)
(㈱クローバーコミュニティ:共同代表)

--------------------------------------------------------------------------

[中間マージン・バックマージン(リベート)を取らないマンション管理会社のStory]

クローバーコミュニティ 公式ページ


[マンション管理を楽しく学び合いたい]
-マンション管理組合の学校-

--------------------------------------------------------------------------