東急東横線のある駅を降りて徒歩3分くらい。
道を歩いていたら、小規模なワンルームマンションが現れました。

エントランスに貼ってある館銘板(金属製のプレート)に書いてあるマンション名を見れば、分譲の投資マンションであることがわかります。



そのマンションの前の道路と敷地フェンスの間に70センチくらいの幅のスペースがあり、そこにプランターが並べてありました。

プランターは最初から設置されていたのではなく、自転車やクルマの不法駐輪/駐車対策として設置したのだと思われます。
クルマよけ
しかし、プランターに植えていたツツジがみすぼらしい状態で、景観が悪い。

ある課題を改善したら、別の課題が出てしまった。
トライしたら、別のエラーが出た、と言ったところでしょうか。



東横線沿線は「閑静」「おしゃれ」な町並みが多く、この駅も少し歩けばそんな街が広がっています。


この管理組合には、この状況をみて、「自転車・クルマの不法駐輪/駐車対策」の次、「景観対応」もして欲しいな、、、

せめてツツジを取ってしまうだけでも良いような気が、、、

投資マンションの場合、景観を良くしたほうが住宅にお金を掛ける割合の高い女性の入居者が増え、家賃=利回りにも好影響なのにな、、、

と言うより、投資マンションの区分所有者(理事役員)は恐らくこのマンションに住んでいないので、管理会社のフロント担当者がこの問題に気付き、理事会へ提案をしてくれるか、、、小規模マンションの多くは一点集中できれいにすれば、マンション全体がきれい映ります。投資家利益を考えてここはちょっとお金を掛ける提案をしてあげて欲しい。


もうひと知恵!

深山 州(みやま しゅう)
(㈱クローバーコミュニティ:共同代表)

--------------------------------------------------------------------------

[中間マージン・バックマージン(リベート)を取らないマンション管理会社のStory]

クローバーコミュニティ 公式ページ


[マンション管理を楽しく学び合いたい]
-マンション管理組合の学校-

--------------------------------------------------------------------------