前回コラムで書いた、4月から管理業務スタートした都内の小規模マンション。


※素人の基本は「四つん這い」だ はこちら


日常清掃員が確定するまでの間、代行で清掃に入っていて、
「昼間なのに、エントランスホールが暗い!」

こんな暗いエントランスホールだとマンションを買いに来た方のイメージが下がるよな~と、20代の時に不動産仲介の仕事をしていた頃を思い出します。


前の管理会社が、2年くらい前に館内照明をLED電球に交換しています。
が、間引き点灯しているので、暗いのです。



そこで、明るくする方法として、パートナーに相談したところ、2種類の方法を受けました。


1)間引き点灯で昼間に消灯している電灯の配線をやり直し、24時間点灯にする。
2)24時間点灯しているLED電球を、既設の全光束(ぜんこうそく。ざっくりと「明るさ」)の低いものから高いものへ交換する。



1)は、工事しなければならず、理事会の賛成が得られるか不明。
2)は、要は「より性能の良い電球へ交換する」だけなので、安上がりでハードルが低く、賛成が得られやすい。



そこで、まずは2)から実施して、その上で必要に応じて1)も提案することとし、試しに次のように風除室の電球を交換してみました。


○現在の電球:電球色で7.1W、全光束485lm(ルーメン)、照度は胸元付近で15ルクス
IMG_6015



○新しい電球:電球色で7.8W、全光束810lm 、43ルクス
IMG_6018
ほら!明るいでしょ!!!

電気料が1.1倍になるだけで、明るさは理論値で約3倍に!

もともと蛍光灯だったことを考えれば、LEDになって十分電気料は下がっていますし、交換するのは館内電球の一部なので、この程度は誤差の範囲と言えるでしょう。



え?あまり明るくなったのが伝わらない???
理事長と一緒に交換して「いいわね~明るくなった!」と喜びあったのに、、、



ということで、2つの写真をくっつけて比較してみました。
31944823_816614161860473_1296913435711242240_n

今度はどうだっ!


蛍光灯からLEDへと切り替える提案から、より明るいLEDへと切り替える提案は初めてでした。
パートナーの助言に感謝しています。


小規模マンションはほぼ一箇所のエントランスホールにお金とアイデアを一点集中投資すると、全体のイメージが良くなるんです。


深山 州(みやま しゅう)
(㈱クローバーコミュニティ:共同代表)

--------------------------------------------------------------------------

[中間マージン・バックマージン(リベート)を取らないマンション管理会社のStory]

クローバーコミュニティ 公式ページ


[マンション管理を楽しく学び合いたい]
-マンション管理組合の学校-

--------------------------------------------------------------------------