都心部で深刻!バイク置場が足りない!

12月3日の「乗り物ニュース」に

バイクはどこに停めればいいのか 都市部のバイク駐車場、なぜ整備が進まない?

という記事がありました。

要約すると、
  • 都市部では、原付を含めたバイク駐車場が不足している。
  • 歩行者の交通安全確保や、高齢者、障害者などの移動に支障となるという理由で、二輪車の駐車違反取り締まりが強化されている。
  • 車道や歩道の一角にバイク専用の駐車スぺースを設けることに、日本は消極的。
  • 民間を中心にバイク駐車場は増えているが、特に東京23区や周辺部はまだまだ足りない。
と言ったような内容です。


マンションには意外と「空き地」がある!

一方で、マンションに意外と多いのは「有効活用できていない敷地」です。

  • クルマを停めるほどのスペースではないし停められる場所でもないが、バイクなら1、2台は置ける。
  • 鉄道駅から近く交通便利な立地のため居住者専用の自転車置場やバイク置場に空きがある。
  • 居住者の高齢化や坂道が多い場所で自転車置場に空きが目立つ。
と言ったような理由で、バイクを1台~数台置けるスペースがある小規模マンションや投資型マンションは少なくありません。

このように「バイク置場不足」と「バイクなら置ける場所があるマンション」とをマッチングさせることで、管理組合に収益が入るようになります。


今のお勧めは「バイク駐車場(土地)のサブリース業者への貸し出し」
マンションの収益事業案(敷地とサブリース)
地元の不動産仲介業者にバイク置場の賃貸仲介をお願いする手がありますが、個々のユーザーと賃貸借契約を締結するのは面倒ですし、クルマと比べて賃料は高くない割に手間が増えるのは避けたいところ。

そこでお勧めは
「バイク駐車場用地をサブリース業者へ貸し出す」
です。

(具体的な事例紹介はこちらへ続く)


深山 州(みやま しゅう)
(㈱クローバーコミュニティ:共同代表)
--------------------------------------------------------------------------
クローバーコミュニティ 公式ページ
-マンション管理組合の学校-[立ち上げました!]
--------------------------------------------------------------------------