『マンションの防犯カメラを6年間リースしたうえで、8年も再リースを継続した』
すごい&こういう選択肢もあった!という話です。


東京都区部のある小規模マンション管理組合からリプレイス(管理会社変更)のお問い合わせをいただき、現地へ。

理事さんご夫妻から、管理会社の変更を検討する理由や現在の状況を教えていただくうちに、私が刑事コロンボのように根掘り葉掘り質問攻めをしてしまい、新築時から20年以上お住まいのご夫妻から、過去の背景や経緯など色々と教えていただきました。
マンション 防犯カメラ リース
この話の中で、表題の『マンションの防犯カメラを6年間リースしたうえで、8年も再リースを継続した』という話をお聞きしました。

ーーーー

ほとんどのマンション管理組合では、新築時から防犯カメラが数台~規模によって数十台導入されています。分譲主が最初から設置しているものですが、ほどんとが『リース』で導入されています。

リースとは、防犯カメラを管理組合が購入するのではなく、リース会社が購入し、リース料を乗せて管理組合へ賃貸する契約です。
支払いは割賦(分割払い)で、防犯カメラの場合、契約期間は多くが6年(72回払い)です。満6年が経過する(分割払いが終了する)と、毎月の支払いは終了しますが、7年目以降も継続して使用したい場合、1年更新で再リース(継続賃借)することができます。

この再リース料は、1~6年目までの月額料金の12分の1と『格安』になります。
リース会社はリース期間である6年の間に収益を得て資金回収が終わっているので、7年目以降は再リースに切り替えて割安な料金でも十分に利益がでるためです。途中でカメラ機器が壊れても補修や取り替える義務はありませんので、管理組合からみて『格安』といえども、リース会社にとっては理屈で言えば利益率100%のありがたいビジネスな訳です。


ただし、再リース(継続)する防犯カメラは6年前に導入されたものです。6年の間に機器が劣化している可能性があり、また技術革新により機能(録画時間や録画画質など)に優れた新商品が出ている可能性が非常に高いです。

防犯カメラ会社(または同社からリベートを得ている管理会社)からは、リース期間の満了が近づくと、7年目以降に『新しい機種への切り替え(新たに6年のリース契約締結)』または『再リース契約を締結(現行の機器のまま継続)』かのいずれかを提案してきますが、カメラ会社や管理会社は『新規で新しいものを購入してもらったほうが商売になる』こともあって、前者を基本線として提案されます。


ここで多くのマンション管理組合も前者で進めることになります。
このときの判断基準は、

  • リスク回避(再リースで古い設備を維持して途中で故障し、いざというときに映像が録画されていなかったらカメラ導入の意味がないし、故障中に犯罪行為があったら再リースを提案した理事会に責任が発生するのは避けたい)
  • 変わらない支出(カメラやハードディスク(記録媒体)の価格自体が下がっている事でスペックが良くなりつつ価格が変わらない(または若干でも下がる)なら新たなリース契約の方が得)
となります。


しかし、こちらの小規模マンション管理組合では『7年目以降は再リース』を選択しました。
しかも更新を続けて8年間も!

つまり、
  • 最初にリースで導入した防犯カメラシステムを、14年も使い倒した
ということです。


これには僕も驚きましたが、帰り道でよくよく考えた結果、次のダメージコントロールの観点で一つの合理的な判断だと考え直しました。
  • そもそも防犯カメラはテレビやビデオ、冷蔵庫どの家電製品と同じ機械もので、6年経ってすぐに壊れるものではないであろう(こちらの小規模マンションが僕の中で一つの事例となりました。)
  • 防犯カメラ導入の目的の半分は『外部者に対する抑止力』であることから、たとえ途中で壊れて新たに機器を入れ替えるまでの間に録画ができなくても、抑止という一定の役割は継続して果たしていることになる
  • そもそも防犯カメラの録画映像を閲覧する頻度は非常に低いため「再リース期間中にカメラ機器が故障し、新しい機器へ入れ替えるまでの間に犯罪等が起こる」確率は、交通事故で死亡するくらいの非常に低いものであろう
そして、
  • 最後は「万が一の犯罪機会の映像を逃さないために常に高額で高性能な防犯カメラ機器(体制)を維持するためのコスト」と「小規模なマンション管理組合として財政を考慮したコスト節約」との見合いであり、後者のポリシーを区分所有者が総会等で共有しておけば良い
ということになります。

「防犯は重要」「万が一壊れたら」という「なんとなくの安心感やリスク回避」を求めてランニングコストの見直しを盲目的に放棄する前に、僕たちはコンサル型を目指す管理会社として冷静な選択肢を提示することの大切さをお客様からの取り組みから学びました。

ランニングコストは「チリも積もれば山となる」ですから。


深山 州(みやま しゅう)
(㈱クローバーコミュニティ:共同代表)
--------------------------------------------------------------------------
クローバーコミュニティ 公式ページ
-マンション管理組合の学校-[立ち上げました!]
--------------------------------------------------------------------------