住民本位のマンション管理とは
松原清植 クローバー管理
 
私には、ある夢があります。それは、普通の人とは少し違っているかもしれません。
住民本位のマンション管理。リンカーンの名言になぞらえて言えば、「住民の、住民による、住民のためのマンション管理」です。

全国のマンションに住んでいる人々が、自分たちが主役となり、自分たちの手で、自分たちのためのマンション管理を実現するのが当たり前になる時代が来てほしい。そう考えています。(ここでいう「自分たち」とは、自主管理という意味ではなく、自分たちの管理を取り戻すという意味です。)


平成15年(2003年)に現在の会社を立ち上げ、自分が理想とするマンション管理を実現しようとしてきました。
私が目指すマンション管理のやり方(COMシステム)に賛同してくださる方たちも徐々に増え、今では多くのマンション管理組合さんとお付き合いがあります。
その管理組合の方々をはじめ、私の思いに共感してくださった多くの皆さんから力強い協力もいただいて、とても心強く感じています。

毎日が充実し、ある程度、道筋が見えてきたようにも思います。

しかし、夢の実現までは、まだまだ遠い道のりです。1つの街の、1つの小さな会社だけでは、キャパシティーの限界があります。取り扱える案件に限りがあるからです。

私たちの会社が契約できるところだけでなく、全国のマンションに「住民の、住民による、住民のためのマンション管理」を根づかせたい。

それが、この本を書こうと思った動機です。



平成13年(2001年)8月1日に施行された「マンションの管理の適正化の推進に関する法律(マンション管理適正化法)」において、マンション管理士という資格が創設されました。
マンション管理士は難関な国家資格で、言わばマンション管理のスペシャリストとして管理組合にアドバイスや助言を行うコンサルタントです。

しかし、この資格(マンション管理士制度)は、いったいなぜ生まれたのでしょうか。
管理会社がマンション管理のスペシャリストとして管理組合の立場に立ってアドバイスや助言を行っていれば、必要とされたでしょうか。

いや、そもそも管理会社は本来、管理組合の立場で業務に当たるべきなのです。なぜなら管理組合のすべてを知る存在なのですから。

そうなっておらず、「マンション管理士」が必要とされるのがおかしいと思わなければなりません。
images

昨今ではほとんどの業界で、顧客本位に、時代に合った業務の効率化が進んでいる中、マンション管理業界の体質の古臭さは際立っています。
多くのマンション管理会社は、住民自身に必要なことを考えさせるということをしません。大切な「修繕積立金」の中から、本当に必要かどうかわからないことにもお金を使い、多くの中間マージンを得ることが容易にできてしまいます。

必ずやってくる大規模修繕工事に、いざ直面したとき、借り入れや一時金の拠出などを迫られる大きな理由がそこにあります。全国の、膨大な数のマンション管理組合が、そうやって食い物にされているのです。

それを知ったら、皆さんも「マンション管理はいったい誰のものか」と思うのではないでしょうか。
そういう状況は、決して他人事ではありません。
それでも、自分たちの住むマンションを大切に管理していこうと考え、行動する人が増えれば、この状況も変わるはずです。


「住民の、住民による、住民のためのマンション管理」は、やろうと思いさえすれば、決して難しいことではありません。今は、管理会社が難しそうに見せているだけです。
その証拠に、戸建住宅のオーナーが、すべてを他人任せにしているでしょうか。住宅に補修が必要なときは、自分で必要な業者を探し、十分にコストを意識(比較検討)して発注していることでしょう。

マンションだって同じはずです。本質的に違うのは、1つの家族が住むか、多くの家族が住むかの違いだけであって、「無駄な費用は使いたくない」「よりよい住まいにしたい」という思いは同じですよね。

マンションの管理といっても、掃除や工事まで、何でも自分たちでしなければいけないわけではありません。住民全体で、自分たちのマンション管理上、必要なことを考えればいいのです。
そして、必要に応じて、清掃や工事の「プロ」を頼めばいいだけです。

私たちの会社は、そういう「住民の、住民による、住民のためのマンション管理」実現のため、必要なアドバイスやお手伝いをしています。
その際に、修繕積立金を食い物にすることはありません。逆に、いかに十分な修繕積立金を準備していくか、管理組合の人たちといっしょに考えています。

管理会社のやるべき仕事とは、本来そういうことだと思います。


(続)

ーーーゼロからの挑戦(幻冬舎)よりーーーーーー 


「ゼロからの挑戦」(幻冬舎:2017年11月発売)より抜粋

松原 清植(まつばら せいしょく)
(㈱クローバーコミュニティ:共同代表)
--------------------------------------------------------------------------
クローバーコミュニティ 公式ページ
福岡のグループ会社-クローバー管理-[立ち上げました!]
--------------------------------------------------------------------------
  • フレーズブックに追加
    • 該当するワードリストがありません英語 -> 日本語...
    • 新しい単語リストを作成する...
  • コピー