自分がマンションを買う立場に
松原清植 クローバー管理
 
そんな私も、やがて自分でマンションを購入するときが来ました。
高松の実家にいた妻を、福岡に迎えることになったからです。

福岡に転勤したとき、私と妻は、まだ一緒になっていませんでした。何度も妻の両親に結婚の申し出はしていましたが、認めてもらう前に転勤の辞令を受けたので、しばらく離れて暮らすままになっていたのです。

福岡でマンションを売っている間も、たびたび高松に足を運んでいましたが、あるとき、「今度こそきちんと話そう」と申し込みに行き、やっと許してもらいました。
それで、妻を呼び寄せる住まいを探すことになったのです。

 

ここは、夫としてアピールのしどころでした。
そもそも妻は福岡に住んだことがありませんし、義父母も福岡には不案内です。しかも、私は不動産関係の仕事をしているのですから、ぜひとも満足してもらえる家を見つけたいと思いました。

最初からマンションを購入しようと決めていたわけではありません。二人で住むのによいところはないか、初めは賃貸物件をいろいろ見に行ったりしました。
images (5)

しかし、なかなかピンとくる候補がなく、「どうせなら、もう買ってしまってもいいかな」という考えに傾いてきました。

そこに、たまたま自社で販売している物件がありました。
私は、すぐに賃貸とは違う目で物件の品定めをしました。マンションを買うとなれば、とにもかくにも大事なのは立地になります。

一般の方は、新しい住まいを検討するとき、間取りや内装もとても気にするかもしれません。もちろんそれも大事なのですが、マンションを買う場合には賃貸の場合ほど重要ではありません。賃貸物件の内装を勝手にいじることはできませんが、自分でマンションを購入するなら、間取りや内装は後からいかようにもできるからです。

しかし、場所だけはどうにもなりません。仕事柄多くのマンションを見てきて、後の売却や資産価値まで考えるならば、立地が大きなウエイトを占めると理解していました。
そして、たまたまそのときの新築分譲マンションは、立地条件にも恵まれていたのです。


(続)

ーーーゼロからの挑戦(幻冬舎)よりーーーーーー 


「ゼロからの挑戦」(幻冬舎:2017年11月発売)より抜粋

松原 清植(まつばら せいしょく)
(㈱クローバーコミュニティ:共同代表)
--------------------------------------------------------------------------
クローバーコミュニティ 公式ページ[立ち上げました!]
福岡のグループ会社-クローバー管理-
--------------------------------------------------------------------------
  • フレーズブックに追加
    • 該当するワードリストがありません英語 -> 日本語...
    • 新しい単語リストを作成する...
  • コピー