マンション管理組合の一員に
松原清植 クローバー管理
 
しかし、新生活を始めて数年後、私は、マンション管理のさまざまな問題に直面することになります。

問題だらけのマンション管理に翻弄される毎日。それは、マンションの区分所有者として管理組合に関わりを持つことから始まりました。

そして、「家は買って終わりではない。むしろ、購入はすべての始まりなのだ」と理解することになったのです。

 

管理組合とは、マンションを管理し、維持・保全していくための組織です。構成員はマンションを購入した人たちで、法的には「区分所有者」と呼ばれます。

多くは、自宅として分譲マンションを購入し、そこに住んでいる人たちです(その他、投資目的で販売されたワンルーム型マンションなども同様です)。


購入前にはあまり意識することがありませんが、分譲マンションを買うと、法律上、例外なく「区分所有者」として管理組合の組合員になります。

自分が入りたいかどうかには関係なく、マンションを買った瞬間から、誰もが区分所有者として法的な権利と義務を持つことになるわけです。

もちろん、権利や義務といってもごく常識的なものです。

マンション購入者には、自宅の範囲(区分所有部分)を占有して自由に使う権利と、ルールを守って共用部分を利用する権利があります。

共用部分というのは、みんなが共同で利用する部分のことです。建物のエントランス、廊下、階段や、駐車場などのスペース、そしてエレベーター、貯水槽といった設備、さらに区分所有部分には属さない配管・回線などが共用部分に該当します。

ちなみに、知らない方も多いので書いておきますが、バルコニー(ベランダ)も共用部分です。あくまで専用として使用する権利(専有使用権)が付いているだけで、火災等の有事に避難用経路としても定められている共用部分なのです。
images

そのほか、玄関についても鍵と内側の塗装部分が専有部分で、それ以外は共用部分です。また、窓枠や窓ガラスも共用部分です。玄関ドアが専有部分だと、赤や青など色とりどりの外観になってしまうかもしれません。つまり美観上の問題もあるわけです。


余談でしたが、マンションの住民は、それらの共用部分を利用する権利と表裏一体で、ほかの区分所有者といっしょに管理していく義務がある、ということになります。
みんなで使う部分は、利用するだけでなく、協力して維持・保全しましょう、ということです。


(続)

ーーーゼロからの挑戦(幻冬舎)よりーーーーーー 


「ゼロからの挑戦」(幻冬舎:2017年11月発売)より抜粋

松原 清植(まつばら せいしょく)
(㈱クローバーコミュニティ:共同代表)
--------------------------------------------------------------------------
クローバーコミュニティ 公式ページ[立ち上げました!]
福岡のグループ会社-クローバー管理-
--------------------------------------------------------------------------
  • フレーズブックに追加
    • 該当するワードリストがありません英語 -> 日本語...
    • 新しい単語リストを作成する...
  • コピー